www.miiconsola.com

乗用車の【全損】とはその名が示すように車の全部が壊れてしまった場合、走ることが出来ないように乗り物としての役割を満たせなくなった場合に言われますが、車の保険における全損はちょっと異なったニュアンスがあったりします。車の保険のケースでは自動車が損害を受けた状態で「全損と分損」という2つの結果に区別され「分損」は修理のお金が補償金でおさまる状況を言い表し『全損』とは修復のお金が保険金の額を超えてしまう状態を表します。一般的には、車の修復で《全損》という場面では車の心臓、エンジンに致命的な打撃が起きたり、自動車のフレームが曲がってしまったりして元に戻すことが不可能である為リユースか処分にするのが当たり前です。車の事故が起きて修理業者や車の保険屋さんがこのような修復のお金を計算した場合に表面が問題なく元に戻すことが可能である場合でも修復の費用が保険額よりも大きかったらそもそもなんで自動車の任意保険に入っているのか分からなくなりそうです。そういうときには、全損と考えて愛車の権利を自動車保険の会社へ譲って補償額を頂くシステムとなっています。もちろん長い年月連れ添った自動車で思い入れがあり、自分でお金を出して修理をしてでも使いたいと思う車の所持者かなりいますので場面に応じて保険会社と話すといいでしょう。さらに、乗用車の保険ではそのような場合が想定され特約などの【全損】時のための特約つけているケースがいっぱりあり、万一マイカーが全損となっても新規購入等代金を一部分負担してくれるケースもあります。そして盗まれた時の補償の特約をつけているならば盗まれたマイカーが発見されない時でも全損と判断され補償されるシステムになっています。
Copyright © 1999 www.miiconsola.com All Rights Reserved.